地方創生の方法の一つとして、ご当地調味料の開発があげられます。

では、ご当地調味料の開発において成功するためにはどのようなことが必要なのでしょうか?

今回はご当地調味料開発における成功法則を、いくつかご紹介します。


 

 

特産品が明確

まず1つめの法則として、特産品が明確であることがあげられます。

その中でも、3つご紹介します

①原材料になりうる特産品がある

こちらは、主に野菜、果物、魚介類などの食材のことを指します。調味料の材料として使い、素材の味を活かしたり、味わってもらうことができます。

②活かしたい特産品がある

こちらは、野菜や果物、魚介類などの食材ももちろんのことながら、地域のソウルフードなどの料理もあげられます。それらに合う調味料を開発することで、よりおいしく食べていただいたり消費の促進等の効果も期待できます。

③おすすめしたい特産品がある

こちらは食材や料理を問わず、地域でおすすめしたいものがあげられます。おすすめしたい特産品を原材料として使う、もしくは活かすような調味料を開発することで、地域の内外の人により知ってもらうことが期待できます。

 

使い方が明確

2つ目の法則として、調味料の使い方が明確であることがあげられます。こちらも、3つご紹介します。

①特産品につかってもらう

こちらは特産品の食材や料理に対して、かける、あるいは混ぜるなどして使っていただくパターンになります特産品をよりおいしく食べていただけるような調味料であると、こちらの使い方がおすすめです。

 

②地域の味を再現するレシピがある

こちらは、特産品の料理などを再現するレシピ等を作成し、そのなかで開発した調味料を使っていただくものになります。地元の味や、伝統の味などを再現する調味料であると、こちらの使い方がおすすめです。

 

③調味料に合う料理などの系統を提示する

こちらは、「サラダにおすすめ!」「揚げ物に使える!」などと、おおまかな使用方法を提示するものです。ドレッシングやソースなど、特産品を使った調味料であると、こちらの使い方がおすすめです。

 

伝えたいコンテンツが明確

3つ目として、どのようなことを伝えたいかが明確であることがあげられます。こちらは、調味料を開発するにあたって、どのような内容を、買っていただいた人、使っていただく人に伝えたいかが重要になります。こちらも3つほど紹介します。

①地域の魅力、特色

こちらは、その地域ごとの魅力となる要素や、その地域ならではの雰囲気などがあげられます。その地域の様子が思い浮かぶようなネーミングやパッケージ、味を調味料で表現することができます。

②地域の文化、歴史、ライフスタイル

こちらはその地域が持つ伝統な料理や風習などがあげられます。その地域の郷土料理をテーマにした調味料や、その地域ではあたりまえに食べられているソウルフードをテーマにした調味料など、地域の文化や歴史を調味料にのせて発信することができます。

③特産品そのもの

こちらは、その地域の特産品を指します。上記①、②では形のないものでしたが、もちろんその地域の特産品を伝えることも可能です。1で紹介したような方法で、特産品を地域の内外に知ってもらうことも可能です。

 

 

つくり手の想いが明確

4つ目は、つくり手、売り手の想いが明確であることがあげられます。こちらは成功させるにあたって最もと言っていいほど重要な内容になります。調味料を開発するにあたって、最終的に使っていただく、食べていただくお客様に対して、どのような想いで作るかが大切になります。いくつか例を紹介します。

 

「特産品をよりおいしく食べて、健康になってほしい」

「地域の文化や雰囲気などを知ることで、足を運んでもらいたい」

「この調味料で地域の食品をもっとたべてもらいたい」

 

これらのように、作り手が居れば、その数だけお客様への想いがあります。お客様への想いを明確にして調味料を開発することで、その想いがお客様へと伝わり、より良い効果が生まれます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ご当地調味料の開発を成功させるには、様々なパターンがあります。そして、上記のものを参考にする際にも、1つだけではなく、いくつかのものをかけあわせ、なによりもしっかりと芯が通っているものであるとより成功に近づきます。是非参考にしていただき、ご当地調味料で地方創生などをしてみてはいかがでしょうか?

 

業務用調味料・開発.comでは、業務用調味料の販売、調味料の開発をサポートしております。 

  • オリジナルの調味料を作りたい 
  • 自社の料理をPB商品として市場に広めたい 
  • 調味料のPB商品について教えて欲しい 
  • こういったご相談をお持ちの方は、業務用調味料・開発.comにお問い合わせください。